添加物が入ったドッグフードは危険

そのドッグフード本当に大丈夫?添加物だらけのフードは危険です


添加物だらけのフードはキケン

基準が緩いドッグフードの安全性

便利で手軽なドッグフードですが、ちゃんと内容を確認して選ばないと、中には粗悪なドッグフードもたくさん出回っているので注意が必要です。

昔は日本ではドッグフードを規制する法律がなかったこともあり、人間が食べられないようなものや死んだ家畜だったり、腐ったものだったりといったタダで手に入るようなものを使って作ったドッグフードが大量に売られていました。

原材料名などの表記基準が緩かったのもあって、色んな添加物を使ってそれなりの見た目と味に変えて売っていたんですね。

ペットフード安全法ができたけど

平成21年になって、やっと「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」というペットフード安全法が出来て、有害物質が入ったフードの製造・輸入の禁止 やパッケージの表示の義務づけが決められたので、だいぶよくなってはきました。

それでもまだ添加物の規制なんかはゆるいので、ホームセンターやスーパーなんかで売っているフードの多くには、人工添加物がたくさん入ってたりします。原材料が怪しいものもありますね。

まだまだ粗悪なものも多いです

普通に考えて、主な原材料が肉とうたっているフードで、1キロ500円以下のものってどう思います?そんな肉あります?食べたいって思います?

タダで手に入るようなものを使ってるとしか思えませんよね。さすがにそこまでヒドくなくても、少しでも大量に生産するために、長持ちさせるために人工添加物たっぷり使ってあったりするフードなんて、愛犬には食べさせたくないですよね。

でも、そういうドッグフードが普通に売られているのが実情なんです。

添加物入ったドッグフードは食べたくないワ〜ン

ワンコは体への影響が大きい

もちろん、人間だって添加物入ったもの食べてるし、それですぐ体が悪くなるという訳ではありません。

だけど、人間と違って体の小さいワンコは、添加物の影響を受けやすいことは事実だし、しかも毎日同じものを食べる訳なので、少量の添加物でも蓄積されれば体への影響はかなり大きくなります。

なので少しでもいいものを与えたいですよね。

増えてきたプレミアムフード

最近は、ワンコの健康のことを考えた飼い主さんが増えてきていて、厳選された食材を使っていて添加物や防腐剤が入っていないドッグフードを選ぶ人が多くなってきています。いわゆるプレミアムドッグフードですね。

今では簡単にインターネットで購入できるようになったのも人気になってきた要因かなと思います。

プレミアムドッグフードも色々あるので、原材料をしっかり確認して、自分の愛犬にあったフードを見つけてあげてください。

安心できるドッグフードを選ぼう

カナガンの評判トップページへ

実際にあたちが食べてみたカナガンの評判については、トップページから確認できるワン。